茨城県下妻市の学塾ヴィッセンブルクは少人数制で質の高い授業で上を目指す学習塾です。

コース紹介

トップページ

学塾ヴィッセンブルクについて

外観写真

住所
〒304-0067
茨城県下妻市下妻乙1277-6
電話・FAX
0296-43-2615
アクセス

お問い合わせ

  • 生徒募集中!!

2014.05.30  あすなろ139 植物の系統分類(過去記事)

2013.05号

学校の教科書の内容は、最新の学説に比べると古い、なんて話はよく聞きます。しかし、だからといって、教科書の内容を否定するのは、私はあまり好きではありません。教科書の内容は、あくまで基礎知識であって、一般常識である、と解釈していますので。

もちろん、あんまり大幅に内容がおかしいとわかってきた場合は、やっぱり修正が必要だとも思います。

(典型例は、隣国のプロパガンダをそのまま載せている南京大虐殺です。「証拠」は全て捏造と証明されて、完全に嘘だと論破されているにもかかわらず、未だに教科書に載っています)

ですが、鎌倉幕府の成立の年が一〇年ずれたとか、その程度のことは、別に教科書を直すまでもないことだと思います。私は最近テレビを全く見ないのですが、どうもそういうことを喜んで放映している番組もあるようですね。

そういう所に登場する「専門家」は、さもその「学説」が正しいように言うでしょうし、それが最近の学会では常識とか主流とか言うんでしょ、どうせ。しかし、本当にそうなのでしょうかねえ。実はその人は、変なことを一人で唱えているだけで、学会からは「またお前か......」と思われている有名人でした、なんて可能性もありますよね。

まあ、そこまで極端な話じゃないとしても。

そもそも学会というところは、新しく思いついた自説を主張する場です。それ以上でもそれ以下でもありません。ですから、「学会で云々」という言葉に対して、必要以上に権威を感じることはないと思います。

例えばある学会では、いつもXという学説を主張するA教授と、その説を否定するB教授がいて、毎回毎回その二人が口角泡を飛ばすのが名物になっている、なんて場合もあります。二人ともその世界では重鎮の学者ですから、どちらもテレビに呼ばれることがあります。そうすると、そのどちらが呼ばれるかによって、「最新の学説」が全く違った内容になるわけですよね。

つまり、その程度のことなのです。

※ 言語学会の大野晋さん(故人)と風間喜代三さんが、ちょうどこんな感じでした。大野さんの日本語タミル起源説がこれですね。珍説扱いされていましたが、私は結構好きですよ。

それでもやはり、新説に対して「やっぱりこちらの方が正しいのではないのか?」という同意が増えてくれば、教科書を置いてきぼりにしたまま、「常識」が変わってくることがあります。

私の知っている範囲では、最近一番大きく変化したのが、動植物の系統分類の分野です。系統分類というのは、「何が何から進化したのか」という、流れを念頭に置いた分類方法のことです。

系統分類という学問が興った当初は、形や生活様式などの特徴から、どの種類がどれと近い仲間という判断をしていました。そのうちに、化石というものがわかるようになってからは、絶滅種のことも考えながら分類するようになってきました。

そして近年は、それにDNA解析や蛋白質(たんぱくしつ)解析などの、分子生物学的アプローチが加わるようになってきています。それによって、次第に色々と面白いことがわかってきているようです。

有名どころでは、クジラの系統的な位置です。クジラは何の仲間といえるのでしょう。

まずは基礎知識から。

哺乳類は、かつては齧歯目(げっしもく)、食肉目、偶蹄目(ぐうていもく)、奇蹄目(きていもく)、などなど、というような分類でした。齧歯目とはネズミの仲間、食肉目は肉食のイヌ・ネコ・クマの仲間、偶蹄目は足の指が偶数となっているウシの仲間、奇蹄目は足の指が奇数であるシカの仲間です。

さて、クジラにはもちろん、齧歯目のような前歯もありません。食肉目のようなカギ爪もありません。そしてウシの仲間もシカの仲間も、基本は草食動物ですが、クジラは完全な肉食です。そんなことから、クジラは完全に独立した「鯨目(くじらもく)」という仲間に分類されていました。

しかしDNA解析を進めていくうちに、クジラはなんと、かなりカバに近いということがわかってきました。そして、そんな風に言われちゃうと、「よく見りゃこことここがカバっぽいわ」ということが、次第に見えてくるわけです。結局現在では、偶蹄目と鯨目は合併して、「鯨偶蹄目(くじらぐうていもく)」なんて名前に変わって呼ばれています。

というような分類の見直し整理が、今まさに、あちこちの生物で起こっています。私の好きな昆虫の世界でも、かつては昆虫の一部だった分類群が、「こいつら脚が六本だけど、やっぱ昆虫じゃないわ」となって、いくつも昆虫から除外されちゃっています。

そしてそれが植物の世界では、もっと深刻な話になってきています。

小中学校の教科書では、被子植物は双子葉類と単子葉類に分かれて、双子葉類は合弁花と離弁花に分かれている、となっています。これは、入試にも思いっきり出る内容です。

合弁花......花びらがくっついてる連中

離弁花......花びらが分かれている連中

しかし、DNA解析が進んでくると、この分類法は怪しいということになってきました。それどころか、被子植物のグループ分け自体、一部修正では済まされなくなってきて、「分類を一からやりなおし」状態という、とんでもないことになっています。

私なんて、最初から植物はさっぱりですから、今回は私がわかる話だけ書きます。

双子葉類は、どうやら基本が離弁花である、ということになってきているようです。そして、そのうちの一部が、進化していくうちに合弁花を咲かせるようになった、という流れなのだそうです。

双子葉/単子葉の分け方についても、「被子植物は、まず双子葉と単子葉にわかれていて、」という話ではなくて、被子植物の基本は双子葉類なのだということです。そしてその一部が、進化の過程で単子葉類となった、ということみたいですね。

ただし、この分け方は、あくまで系統分類学上のものです。ですから「教科書は間違っている!」などというつもりはありません。

教科書は、「どうぶつを、ふたつにわけました。とべるなかまは、すずめ、こうもり、ちょうちょ。とべないなかまは、だちょう、うし、ありんこ。」という分け方だと思えばいいわけです。こういった分け方は、分類学的には他系統群と言います。これはこれでアリなのです。はい、ぼくは認めますよ。

でも、このもやもやした気持ちはなんだろうか......

学塾ヴィッセンブルク 朝倉  



一覧に戻る

ページの先頭へ