茨城県下妻市の学塾ヴィッセンブルクは少人数制で質の高い授業で上を目指す学習塾です。

コース紹介

トップページ

学塾ヴィッセンブルクについて

外観写真

住所
〒304-0067
茨城県下妻市下妻乙1277-6
電話・FAX
0296-43-2615
アクセス

お問い合わせ

  • 生徒募集中!!

2015.03.08  あすなろ160 凧

2015.02号

すっかり年が明けました。

子供が通っている幼稚園は、毎年一月になると、「たこ揚げ大会」が開催されます。

単にこれだけ聞くと、園児が凧を揚げる微笑ましい光景を想像するのですが、
違います。
違うんです。

冬休みを目前に控えたある日、子供を幼稚園に送っていくと、
入り口で待ち構えていた先生に、でかい紙袋を渡されます。

中身は、たたんだ紙と、糸と、竹の骨。

「休み明けにたこ揚げしますので、おうちの方で作ってくださいねー」

マジですか。
作るんですか。

と、やーめーてーな気分になったのが二年前のことです。

配布された袋には、ダイヤ凧、角凧、六角凧の作り方がごく簡単に書いてある
「説明書」が入っています。
そこで、一年目の年少組のときには、一番骨が少なくて簡単そうなダイヤ凧を作りました。

ダイヤ凧.gif

できあがってから試験飛行をしてみるのですが、最初はあまり上手く飛びません。
どういうときにはどこを調整すれば解決するのか、インターネットで色々調べてみましたら、
作るときの注意点(左右のバランスなど)を後から知ってしまって
少々後悔することになるのですが、何度も飛ばしては調整、を繰り返しましたので、
本番ではそこそこ上手に揚がりました。
一応、用意された糸は、最後まで使い切る程度の高さで揚がり続けていました。

二年目の年中組のときは、角凧を作りました。

角凧.gif

このときは、あらかじめインターネットで調べまくって、相当満足のいく出来になりました。
が、肝心の本番の日は凪。
歩くだけでどんどん飛ぶほどよくできているのに、立ち止まると徐々に落下、
ということで、大して飛ばずに終わってしまいました。

そして三年目の今年は、最後に残った六角凧に挑戦することに決めていました。

六角凧.gif

しかーし、この冬休みは予定がパッツンパッツンで、凧を作るヒマが全くありません。
ほんとにありません。
年末は帰省必須。
帰ってきたらすぐお仕事。
結局、冬休みが終わるまで、一ミリも手つかず状態でした。

そして本番の3日前、作るだけの時間が取れましたので、超速で作り上げました。
今回はそんなわけで、インターネットで調べているヒマなんてない
(自宅はネット回線未通)まま、同封の「説明書」通りに組んで
テストフライトをしてみたわけですが、いやこれがバランスが難しい。

それでもなんとかマシに揚がるように調整して、いざ本番。

揚がるには揚がるんですが、なあんとなくイマイチ。
当日は風が少し強すぎるきらいがあったので、それを調整するために
揚げたり下ろしたりしているうちに、
他の凧の糸に引っかかって相手の糸をぶっちぎったのが一回。
逆に他の凧にぶつかられて、こちらの足をぶっちぎられたのが一回。

結局はその足切れが不調を招いて、そのまま戦線を退くことになったので、
今回も糸を使い切らないまま終了してしまいました。

そして後日、「やっぱ角凧が一番バランスがいいのかなあ」なんて
何気なく凧作りのサイトを覗くと、六角凧の作り方。

張り糸(凧本体に反りをつけるための糸)は上下に二本つけて、
下の糸を強めにすると良いとあります。
おや?

私が見た「説明書」では、そんなことは書いてないので、
知らない私は角凧と同じように上側に一本だけ張って完成。

違うじゃねえか......。
こんな逆バランスでよく揚がったな......。

でも考えてみれば、これは凧の特性上、当然なんですよね。
今更気づきますが。

凧は、風を下方向に受け流すことで揚がっています。
そのための工夫の一つが「糸目」と呼ばれるものです。
凧に直接ついている糸を糸目糸と呼ぶのですが、その束ねた部分が
凧の中心より上側に来るように調節することで、風を下に流すことができます。

糸目.jpg

糸目-2.png

この糸目糸も、どの程度の長さがいいのか、毎回わからないままで作っていました。
しかし今回、試験飛行しながら理屈を考えているうちに、
やっぱり長い方が安定するんだろうなーなんて思って、
少し長めに作り直したりもしたのですが、
私の作った糸目糸ではまだまだ短かったみたいです。
知らなかったよう。

また、ダイヤ凧や角凧は、上半分の骨が多く、下半分の骨が少なくなっています。
凧は飛んでいる間、風圧によって本体が変形するのですが、
この上下の骨の差によって、下半分の強度が低い結果、
下の方がよく変形して、風が下に逃げやすくなります。
そんな理屈で、凧はさらに効率よく揚がるようになるわけです。

風の流れ.png

しかし六角凧は、骨の構造に関しては上下対称の構造です。
そこで、下に風を逃がすために、下の横骨を細くするなどして強度を下げたり、
下の横糸を強く張ることで下半分の変形を高めて、
風を下に誘導する、というわけだったのです。
そうだったのですか。

でもおかげさまで、三年目に一番悔しい思いをしたので、
もう次は完成度の高いものを作れそうです。

んまあ、幼稚園のイベントは終わりなのですが、実は小学校でも、
親子イベントとして少しだけあるんですよねー。

ただ、小学校の方は、いつも「時間が無い」という名目で、
凧の形だけ作って終わりなんですよね。
ですからその日は糸を持ち込んで、一人だけ超速制作しちゃって、
みんなが完成しないうちに飛ばしちゃうのもアリかなーなんて企んでいます。
あー楽しみ。

んで、凧の糸目やら強度やら、はたまた材質やらを、
どう変えると飛び方がどう変わるかなんて実験を、夏休みの自由研究......

いや何でもありません。
今のは忘れてください。

学塾ヴィッセンブルク 朝倉 


一覧に戻る

ページの先頭へ