茨城県下妻市の学塾ヴィッセンブルクは少人数制で質の高い授業で上を目指す学習塾です。

コース紹介

トップページ

学塾ヴィッセンブルクについて

外観写真

住所
〒304-0067
茨城県下妻市下妻乙1277-6
電話・FAX
0296-43-2615
アクセス

お問い合わせ

  • 生徒募集中!!

2015.08.06  あすなろ70 土用の丑(過去記事)

2007.08号

今年もやってきました。
土用の丑です。
ウナギの季節です。

私の生まれ故郷は、一応はウナギの名産地として知られる地域でして、
こっちよりも少しは安く食べられるところであります。
ただ、こちらでも鰻屋は数多くありますし、千葉にはウナギの産地もありますし、
流通の発達した昨今では「名産地」というものは有名無実化していますけどね。

それよりも、ウナギといえば鰻丼だろ普通。
んでウナギは二段重ねだろ。
なんで鰻重なんだこっちは。
だいたい重箱って食いにくくないか?
重箱ってのはそもそも携帯容器だろうが。
店で出すものじゃないよな。
箸で飯粒を食べるのに、重箱っておかしいだろ。

......あ、いや、あの、何でもないです。

閑話休題。

ウナギは毎年、この季節だけで年間の半分を売り上げるそうです。
こういう「売れるときと売れないときの差が激しい業界」というのは、
いろいろと大変でしょうね。

そのためもあってか、最近は「冬にウナギを食べよう」という
業界キャンペーンもあるとのことです。

今年の土用は、ウナギといえば中国の話題となってしまう希有な年ですが、
例年では、関連キーワードとして登場するのは「夏バテ」と、
あとはやはり「平賀源内」でしょう。

この平賀源内という人物が、また面白い人なんですねえ。
一応説明します。

平賀源内は、江戸時代の蘭学者でした。
蘭学者というのは、オランダ語を学んで洋学を研究した人で、
同時に西洋医学を学ぶ医者である人も多数いました。
源内もそのうちの一人です。
解体新書を書いた杉田玄白も同じで、源内の友人でした。

平賀源内は、蘭学者であるのと同時に
作家、科学者(発明家)、画家などでもありました。

作家としては、特に戯作者として、人形浄瑠璃などに多くの作品が残っています。
もちろん、蘭学者としての著作も数多く残っています。

科学者としては、有名なのはエレキテルと言われる
静電気発生装置(オランダ製)を修復して紹介したことでしょう。
他にも、石綿を利用して火浣布という「燃えない布」に実用化し、
幕府に献上をしています。
また、寒暖計を発明しました。
さらには電気、気球の研究をしていたとも、竹とんぼの発明者であるとも言われています。

さらにさらに、本草学、儒学、漢学、俳諧を習得し、油絵の技術を学んでそれを広め、
オランダ式の製陶法を学んで平賀焼として紹介し、
鉱山の採掘や精錬の技術を学んだのちに伊豆で鉱山開発をし、
物産学を学んで物産博覧会を主催し、
炭焼や通船工事を指導し......と、多岐にわたる才能を発揮した天才でした。
言ってみれば、日本のダビンチです。

というような源内に、ある鰻屋が相談に行くわけです。
夏場は鰻の売れ行きが悪いので、何とかいい方法は無いものか、と。

そこで源内が提案したのが、丑の日の「う」の字とうなぎの「う」を結びつける
広告コピーでした。
この商法は成功し、大変繁盛したと言うことです。
これを見て、他の鰻屋も同じ事を始め、そのまま現在に至る、ということです。

源内は、他からも広告用の宣伝文句を頼まれていたということで、
日本初のコピーライターと評価する人もいるようです。

同業者が真似をしていくうちに国民的習慣になるというのは、
今で言うところのバレンタインのチョコレートみたいなものでしょうね。
昔も今も同じということです。

私の記憶では、おはぎとぼたもちの由来もこれと同様で、
昔、とある店が、これに季節毎に違う花の名前を付けて売った、
というものだと思っていたのですが、現在ではどうも違う説の方が有力のようです。
ちょっと残念。

さてそれでは、土用の丑とは何でしょう。

まず、土用というのは、「第五の季節」です。
日本には、五つ季節があるのです。

まあ、これは実は中国由来の五行という、
世の中のあらゆるものは五種類に分けられる、といった考え方の一環でして、
(→あすなろ51「五行・十干」
四季を無理矢理「五季」にするために、
季節と季節の境目を土用という季節ということにした、というのが始まりなんですけどね。
四季の境目の、十八日間だけが土用という季節です。
一度に来る土用が十八日間で、これが年に四回あるので計七十二日間。
これでちょうど一年の1/5としたようです。

というわけで土用は、そう。
秋だって冬にだって来るということなのですよ。
夏だけじゃないんですねえ。

最近では、冬の土用にもウナギを食べようと言うキャンペーンまで始まっているようです。
もう夏バテとか何とかは関係ない世界にいっちゃっています。
がんばってください。

では丑の日とは何か。
この丑は、もちろん干支を使った暦のことです。
高島暦あたりを見ればわかると思うのですが、毎日の暦には、子丑寅卯......と順に、
十二支がついています。

十二支に対して、土用は十八日間。
ということは、丑の日が2日ある年と1日の年は、それぞれがちょうど
1/2の確率で現れると言うことになります。
なりますよ。
なるんです。
さあ計算してみましょう。

実際、土用の丑の日は、二年に一回は二日間あるようです。
今年は一日だけですが、来年と再来年はそれぞれ二日間あるようです。
期待してください。
......何を?

ついでに、ウナギの話でもしましょうか。

実はウナギという魚はこれがまた、不思議な生き物なんですねえ。

ウナギは、いわゆる川魚なのですが、産卵時には海に下ります。

(中略)

稚魚は、柳葉のような形をしていて、海洋を回遊します。
その後変態し、シラスウナギと呼ばれる形態になって、川に戻ってきて、
川魚として成長します。
養殖ウナギとは、このシラスウナギを捕まえて育てたものです。

......というような状態で、ついこの間まで(中略)の部分が本当に謎だったのです。

しかし2006年、東京大学の研究チームが、ニホンウナギの産卵場所を、
ほぼつきとめました。
産卵時期も、ほぼ解明しました。

ちょっと頼りない書き方のように見えますが、これでも世界初の快挙なのです。

もちろんこれが初ですから、他の種類のウナギはまだまだ不明です。
また、川から産卵場所までの経路も、まだほとんどが不明です。
これだけ親しまれている魚なのに、まだよくわかっていないのです。
そのギャップが、なんとも不思議な感じがします。

さて、先に書いたとおり、ウナギというものは本来、夏には売れないものでした。
本当の旬は、脂ののった冬なのです。
というわけで、私は冬にウナギを食べることにしますよ。

......あれ?
俺様は冬に食べるキャンペーンにまんまとのっかっちゃってるのか?

学塾ヴィッセンブルク 朝倉  


一覧に戻る

ページの先頭へ