茨城県下妻市の学塾ヴィッセンブルクは少人数制で質の高い授業で上を目指す学習塾です。

コース紹介

トップページ

学塾ヴィッセンブルクについて

外観写真

住所
〒304-0067
茨城県下妻市下妻乙1277-6
電話・FAX
0296-43-2615
アクセス

お問い合わせ

  • 生徒募集中!!

2015.11.01  あすなろ111 氷雪の門(過去記事)

2011.01号

子供の頃、一度しか見たことがないのに、強烈に覚えている映画というものが、
いくつかあります。
そういうものは、何十年ぶりかで見たいと思うこともあるのですが、
なかなかそういう機会ってないものですね。

そんな「私のまた見たい映画リスト」の中には、「幻の映画」があります。

当時、70万枚も前売りが売れたにもかかわらず、公開日を目前にして
突如公開中止となり、2010年まで36年間、ほんの一部例外を除いて、
事実上の放映禁止状態だった映画です。
なぜかそれを、テレビで一度だけ見たことがありまして、
今までずっと覚えているのです。

『氷雪の門』という、日本の戦争映画です。
ご存じでしょうか。

111-0.jpg

舞台は樺太の真岡(まおか)郵便電信局。
時は1945年8月15日から20日までの五日間。
つまり、終戦前後の話です。

樺太とは、北海道の北にある長大な島のことです。
当時、南樺太は日本領でした。
日露戦争で勝った時のポーツマス条約で、
正当に日本に編入された日本本土です。

111-1.png
 
太平洋戦争の開戦は1941年12月ですが、それに先立つ同年4月、
日本とソ連は、日ソ中立条約を結びました。
それまで、その2年前に起こったノモンハン事件という軍事紛争により、
日本とソ連の関係はあまりよくなかったのですが、
とりあえずこれにより、日本はソ連侵攻の脅威から逃れることができた、
ということになりました。

そして、太平洋戦争に突入し、日本は東南アジアから
イギリス・フランス・オランダを追い出したのですが、
代わりにアメリカに追いつめられます。
そしてヨーロッパでもドイツの負けが濃厚になってきたころ、
ヤルタ会談というものが行われます。
1945年2月のことでした。

111-2.png

ここで、
「この戦争が終わった後、敗戦国をどうするか」という話し合いが行われました。

その頃、日本とソ連の間には、先に述べた日ソ中立条約があったので、
ソ連はドイツ戦だけに戦力を注いでいました。
しかし、対日戦がまだまだ長引きそうだと感じたアメリカは、
ソ連の協力が欲しかったので、
「ドイツ戦が終わったら、90日以内に日本に攻め込め。
 そのかわり、南樺太と千島、満州鉄道の権益はお前にやる」
と、以前からソ連をけしかけていました。
そしてこのヤルタ会談で、ソ連がそれを了承します。

そしてドイツが降伏しておよそ3ヶ月後の8月9日、
ソ連は日本に宣戦布告と日ソ中立条約の一方的破棄を宣言して、
満州に侵入を開始しました。
丁度この日は、長崎に原爆が投下された日でもあります。
これに衝撃を受けた日本政府は、その日のうちにポツダム宣言の受諾を決定して、
翌10日には、連合国にその旨を通告しています。
その後、内容について再照会することになって、
改めて14日に会議をし、受諾を決定。
15日にご存じ玉音放送となったのです。

日本政府から、各軍に停戦命令が出されたのは8月16日です。
その後、アメリカとの戦闘は原則として行われなくなりました。

一方ソ連は、8月9日に満州に侵攻して以降、
南樺太にも順次攻撃を始めていました。
樺太の日本軍は、8月15日までは南樺太を守りきります。
そしてポツダム宣言受諾を聞いて、武装解除を始めていました。

しかし、16日早朝、ソ連軍は樺太日本領への上陸作戦を開始します。
日本軍は、すでに終戦であるから、と停戦交渉に赴くも
使者は処刑される、ということが何度も起こります。
民間人は無差別に機銃掃射を受け、樺太南部の豊原市では、
駅前広場に白旗と赤十字の対空表示を掲げ、
全ての民家の屋根に白旗を掲げていたにもかかわらず、猛烈に爆撃を受けました。

最終的に8月24日に停戦するまで、
軍民あわせて6000人以上の死者が出たようです。

同じ頃、千島列島でも同じようなことが起こっていました。

武装解除後の8月18日、千島列島北端の占守島(しゅむしゅとう)にて
ソ連との激しい戦闘が起こり、20日まで続いています。
武装解除が行われた23日以後も、ソ連は各島への占領を続け、
最終的に歯舞群島を占領したのは9月5日のことでした。

日本が降伏文書に調印したのは、9月2日のことです。
国際条約は、調印された日から施行されますので、
ポツダム宣言が法的効果を持つのは、9月2日以降ということになります。
ですから、ソ連としては9月2日までは戦争中という言い分があります。
一応。

しかし実際には、戦闘をやめないソ連に対して、マッカーサーが再三警告しています。

ソ連の本当の狙いは、北海道でした。
9月2日までに北海道北部を占領して、
そのままソ連領であることを既成事実化する、という目標がありました。
しかし、日本軍の頑強な抵抗に、予想通りに侵攻が進まず、
マッカーサーからは要求が強まる中、
最終的に北海道はあきらめることになりました。

さて、そんな中の話が、最初に挙げた映画『氷雪の門』の舞台です。
南樺太にソ連が上陸を始めた頃、電話交換手として勤務していた女性職員達がいました。
ソ連軍が迫る中「我々が逃げたら非常電話が通じなくなる」と判断して、
最後まで通信業務にとどまって、最後は集団自決をするという、事実に基づいた話です。

この映画、制作当時は、巨額の制作費や陸自の協力など、かなりの話題作でした。
文部省やPTAなどの推薦もありました。
しかしソ連大使館の「反ソ的映画」という評価を受けて、
大手映画チェーンは放映を自粛するようになります。

今年の7月から、この映画は、全国で順次放映されるようになりました。
また、通販のみではありますが、購入もできます。
できますけど、わたしゃレンタルを待ちますよ。

学塾ヴィッセンブルク 朝倉  



一覧に戻る

ページの先頭へ