茨城県下妻市の学塾ヴィッセンブルクは少人数制で質の高い授業で上を目指す学習塾です。

コース紹介

トップページ

学塾ヴィッセンブルクについて

外観写真

住所
〒304-0067
茨城県下妻市下妻乙1277-6
電話・FAX
0296-43-2615
アクセス

お問い合わせ

  • 生徒募集中!!

2016.03.02  あすなろ106 海上自衛隊(過去記事)

2010.08号

まずは、こちらのホームページをご覧下さい。

106-1.png

見ての通り、お料理レシピのページです。
今回は味噌焼鳥丼です。
毎週金曜日に更新しているようです。

では、これはどこのサイトでしょうか。

ヒント1。
官公庁です。

ヒント2。
レシピは四つのカテゴリーに分けられていて、和食、洋食、中華、カレーがあります。

ヒント3。
海に関係があります。

106-2.png

ヒント4。
ここに挙げた回の提供部隊は、護衛艦「いかずち」だそうです。

答えは......海上自衛隊でした。

海上自衛隊は、陸上自衛隊、航空自衛隊と共に戦後できた組織ですが、
他の二つと違って、旧日本軍の伝統を色濃く受け継いでいる組織です。

伝統というのは、用語、号令、日課などが旧海軍と同じであるところから
始まって、その気風、気質も受け継がれていると言われています。
さらに、イベントの時には軍艦行進曲(いわゆる軍艦マーチ)が演奏されますし、
船尾に挙げる自衛艦旗は、海軍の軍艦旗であった旭日旗(きょくじつき)が
そのまま使われています。

ちなみに、いわゆる日の丸は日章旗と言われています。
有名な国旗には星条旗、三色旗、ユニオンフラッグ、太極旗などと
名前が付いていることが多いですから、名称は知っておいてもいいと思います。

そして、週末にカレーを食べる習慣も、日本海軍から受け継がれて
現在に至ります。
かつては土曜日だったのが一日ずれていますが、海上自衛隊全ての部署では、
毎週金曜日はカレーと決まっています。

カレーと海軍の関係は、横須賀に行くと「海軍カレー」として
売り出されていますから、ご存じかもしれません。
現在我々が目にする、いわゆる「カレーライス」は、元々は
海軍の艦上食として開発されたものでした。

イギリス軍の艦上食としてあった「牛乳の代わりに香辛料を入れたシチュー」を参考に、
揺れる船の上でもこぼれないようにとろみがつけられ、
ご飯に合わせた味付けをされた料理が「ライスカレー」なのです。

それが戦後、帰国した復員兵(戦争をやめて帰ってきた元兵士)によって
家庭に持ち帰られたので、今や国民食と言われるほどに広まったのです。

同じく、肉じゃがも海軍由来です。

日本海海戦の司令官として有名な東郷平八郎が、
留学先で食べたビーフシチューを、やはり艦上食として作らせようとしました。
しかし命じられた料理長はそんな料理は聞いたことがありません。
仕方がないので、厨房にあった調味料と食材で、こんなもんかな、と作ったのが
肉じゃがの始まり、と言われています。

これも、本格的に日本全国に広まったのはカレーと同じく戦後で、
やはり復員兵が持ち帰ったようです。

唐揚げの衣を片栗粉にする竜田揚げも、艦上食であるという説もあります。

というように、海上自衛隊の料理自慢も、やはり海軍からの伝統です。
中でもカレーは、各部隊や艦艇で独自の隠し味があるそうで、
ウィキペディアによると
「赤ワイン、ミロ、茹で小豆、インスタントコーヒー、コカコーラ、チョコレート、ブルーベリージャム等」
だそうです。

ということは、現在海自には護衛艦が約50隻、
さらに補給艦が何隻かありますから、
少なくともその数のレシピがあるということになります。

......ただし、教育隊のカレーだけは例外で、未だにまずい料理の代名詞だとか。

一般公開される海自のお祭りでは、カレーを目的に立ち寄る人も、
実際に数多くいます。
それどころかカレー大会なるものも行われているということです。
さらにさらに、カレーの味に惹かれて海自に入隊する者も実際にいるとか。
すごいことになっています。

なんだかとっても楽しそうな海自ですが、この気風もやはり海軍からの
伝統のようです。
戦時中でも、上陸禁止命令を出した艦長が、自分だけ上陸して飯を食いに行き、
戻ってきたら艦長室の前に大量の糞尿が置かれていた、なんて実話も
あるくらいです。

また、海軍兵学校の教育方針も、「ジェントルマンを作るつもりで教育しました」と、
当時の校長が戦後述べているとおりで、陸軍のようなガチガチの
厳しい方針では無かったようです。
大和魂などという精神論が好きで、好戦的だった陸軍に対して、
どこか飄々としていた海軍は、戦時中でも国民に人気がありました。
そしてその精神は、海自にもそのまま受け継がれているというわけです。

ただ、一応陸軍の擁護をしますと、そんな教育方針の違いは、
陸軍と海軍の戦術の違いから仕方がないものであるとも言えます。

海軍(及び海上自衛隊)は、航空機を除くと船一隻を最小単位としますので、
人間の数からしてみれば、集団戦術にあたります。
しかし陸軍は、集団で戦闘に当たるとはいえ、実際に交戦している最中は、
兵士各自が散開して攻撃を加える、ということになります。
何故かと言えば、集団だと銃撃のマトになってしまうからです。
(敵からの攻撃を盾で防いだ時代は、集団戦術でした。
 ギリシャの重装歩兵しかり、武田の騎馬隊しかり)

個人攻撃の戦闘は、上官の目が届かなくなることもあって、
どうしても敵前逃亡が出やすくなります。
これを阻止するためには、絶対命令を徹底的に叩き込むか、士気をあげるか、
薬物でごまかすか、ということになってしまうのは、やむを得ないのです。

ちなみに陸上自衛隊は、陸軍との繋がりは完全に断絶したアメリカ式です。
陸自もまた面白い所なのですが、これはまた別の機会に。

学塾ヴィッセンブルク 朝倉  


一覧に戻る

ページの先頭へ